30代、専門外の経理屋はどこまで戦えるのか

日々、実務能力の向上に苦心してます。2児の父なので家族のことも多目です

産後鬱、その時夫はどうするべきか。-その4

さて、嫁さんの産後鬱の影響は長男の生活にも少なからず影響を与えています。産休から育休に入り、保育園の迎えも夕方早めになりました。嫁さん、息子が一緒に過ごす時間も増えました。産休当初は良かったのかもしれませんが、今は母子ともに微妙な感じになっています。

f:id:terrask:20160619064420j:plain

 

 

長男が嫁の顔色を伺う回数が多くなった

嫁さんの性格で元から厳し目に躾けているので以前からその傾向は無くな無かったのですが状況が悪化しています。産後鬱傾向が強くなってからは、嫁さんの表情が基本的に暗いので"なにか怒っている"と思ってしまうんですよね。それで「ママ怒ってる?」なんて聞くものだから、「怒ってないよ」と嫁はこたえます。最近はその頻度が上がってるですが、そうするとどうなるのか。結果は嫁さんの負のオーラが増大します。

心に余裕がある時なら大した問題じゃないと思うんですが、余裕がないからちょっとしたことでイライラするんですよね。加えて、そんなふうに大人な顔色を伺うようになってしまったことと、子どもにそんな心配をさせてしまっている自分に対する失望感。

 

  • 苦しいかもしれないけれども、笑顔を見せられるときはなるべくそうしよう。
  • 怒ってしまうのはしょうがないので、その分どこかで褒めてあげればいいよ。
  • 空気を読め読め言われる国なんだから、そういうことに敏感なのはいいことじゃない?(やや無理やり)

 

それが僕が言えうるアドバイスなのですが、それは一切言っていません。これ以上嫁さんを追い詰めることになってしまっては逆効果。前の投稿でも書いたのですが、言いたくなっても言わない。聞くだけ。我慢。あーストレスがたまる。

 

昔やってたことが出来なくなってる

2歳後半くらいの時ですかね。大きな声で通りかかる人に挨拶できていたのと、ご飯の時に自分から「いただきます」「ごちそうさま」が言えてたんですが、それが今は促さないと出来なくなっています。挨拶は結構言えるんですが、言われた方も気付かないくらいか細い声でいうので、「もっと大きな声で言わないときこえないよ」となります。

僕は、少なくも挨拶の点に関しては、恥ずかしさを覚えてるという意味である意味成長だと思っているんですが、嫁さんにはそうは思えないらしく、「私がそんな(あいさつもできない)子にしちゃったんだ」と理解できない落ち込み方をしています。

 

---

しょうがない。今はそんな考え方になってもしょうがない。誰のせいでもない。女性の体がそういう仕組なんだかから。勿論、鬱状態にならない人はいるだろうけど、当然全員じゃない。だから受け入れよう。

正しい対処かは分かりませんが嫁さんの発言には、出来事の話=「そうだったんだ」、自分否定=「違うと思うよ」、良い出来事=「良かったね」と、必要以外に何も言わないように意識しています。たぶん嫁さんが話すのはただ物事を誰かに共有してもらいたからだと思うんです。決して解決策をもとめているわけではないはず。。。。ただやっぱり悩んでいるパートナーがいると何とか解決したくて『ただ聞く』ことはなかなか難しいです。ふと発してしまった助言・発言がまたダメージを与える結果になったりして反省が多いです。自分も成長せなあかんと思います。

 

頑張れ嫁さん、頑張れ息子!

(2016.7.17)