30代、専門外の経理屋はどこまで戦えるのか

日々、実務能力の向上に苦心してます。2児の父なので家族のことも多目です

Facebookは見てるだけ、Twitterは比較的自由に発信中。SNSの利用は計画的に

最近使っているWEBサービスについて書いてみます。

 

f:id:terrask:20160709163348p:plain

5年位までですかね、新卒で入った会社が個人の情報発信を推奨している企業だったということもあり、facebookの存在を知り利用を開始しました。当時は多くの方が実名表示のアカウントだったので、古い知り合いの近況を知ったりすることができて楽しかったですね。

(世の中の男の例に埋もれず、昔好きだった人を検索したりしましたが、特にコンタクはとってません。今更ですし)

その当時はほんとに凄いサービスが出来たものだと思って、その可能性に魅入られていましたが、凡人が出来ることはたかが知れていました。同志と繋がりたいと思って作成したfacebookページも、やる気が足りずに公開前に頓挫。個人の繋がり自体はそこその増えましたが、流れてくる近況の数々に対してもいいね!ボタンを押すのみでコメント等を返信することは滅多にありませんでした。あと、実名での登録だったので、ネガティブな投稿や悩みの相談などは当然ながらし辛いです。

アクティブなユーザー自体も減っていってるんじゃないか、というのが所感です。IT系に就職して個人ブランディングをされているいる方や、リア充な人の投稿に絞られている気がします。また、設定の問題かもしれませんが、全く知らない人の近況がTLに流れてきたりでわけが分からなくなりました。

転職先の今の会社が、最初の会社と違って、『リスク要因になるからSNSの利用はおすすめしない』方針だったので移って依頼一切の新規投稿はしなくなりました。それで何か生活が変わったか、といえば特段変化したことはありません。もし今後使うとしても日常のことを投稿することはないですね。出産や転職、引越等のライフサイクル上の特別なイベント報告程度になるかと思います。

 

f:id:terrask:20160709163413p:plain

twitterの利用を開始したのもfacebookと同時期です。同様に簡易に個人が特定されるアカウントを作ってましたが、今は匿名アカウントで利用しています。

今となって思うことですが、こちらのほうがfacebookよりも自由ですね。今のネット利用の主目的が情報収集・接触なので、こちらの方が目的の情報を発信してるユーザーを捕まえやすいの点が良いです。また適当にユーザーをフォローすることで、意図しなかった情報に出会えることもあります。

 今は『子育て』や『経営』『会計』『簿記・税務』等のキワードをプロフィールに乗せているユーザーをフォローしてますが、その他にも適当に面白そうな方の発信を眺めています。新聞を定期購読していないので、何もしないと自分の世界観がどんどん狭まっていってしまうような気がするので、twitterでの活動はしばらく続けていくと思います。とってないので、私のアカウントは@amano7120ですので、良かったらフォローお願いします。

 

f:id:terrask:20160709173443p:plain

あとは上場のニュースもあり近年話題のLINE様ですが私は未利用です。ネット上では様々なリスクが言われていますが、適切に使えば問題無いように思います。当然ですが、使いたい人が使えば良いですね。

今この投稿を書いててふと思ったのですが、子どもが小学校に入ったりしたらクラス内の連絡網だったり、習い事の連絡だったりで使う機会が出てくるんですかね。私が認識している以上に普及しているようなので、使う必要が出てくることもあるかもしれません。

 

SNS疲れとか少し前に世の中で言われてたりしましたが、疲れるまで必至にやることもないですよね。飽きたり辛くなたりしたら放置すればいい。それで見ず知らずの誰かが困ることはほとんど無いでしょうから。楽しんだもの勝ちだと思っています。

(2016.7.9)